関西学院大学ボクシング部

TOP > 活動報告 > 『関関戦のあれこれ2013』について byかんとく

『関関戦のあれこれ2013』について byかんとく

さて、関関戦について。

まず、審判の先生方、濱野ドクター、兵庫県連盟の皆様、毎度のことながら

弊学院のボクシング部の活動にご協力賜り、ありがとうございます。

また、関大のメンバー、そして関大OBの皆様、ありがとうございました。

競い合う相手がいるという事は、自分たちの能力を磨くうえで、大きな宝です。

・・・・・

さて、あれこれ、について書こう。試合の総括は別項ですのであしからず。

多くのギャラリーで有難かった。

しかも呼んでもいないのに、大商大の前田君と龍谷の谷口君が来ていた。

ものども出あえ出あえ、ここにスパイがおるぞ。

などと遊びたかったのだが、生憎バタバタしていたため出来なかった。

まあスパイは語弊があるか、兵庫県の面子だし、もし研究に来ていたなら

大したものである。

確かに今は打倒すべき相手であるので、できることなら見られたくはない。

が同時に情熱のある人民は好きである。

近大の浅井監督は『伝統の近大廃部』という悲しい事件の後も、

ボクシングに対して常に愛情を持って行動していた。

ワタクシが暇に任せてぷらっと関東リーグを見に行ったら、

当時選手の浅井監督が熱心に見入っていた。

「こいつは将来、どこかの節目で多分大きな仕事するだろうな」と思っていたら

近大の復活に際しては、赤井総監督は当然として、やはり浅井監督の名もあった。

まあ、浅井監督にとってはこれは第一歩にすぎないのだろうけども。

ということで、前田君、谷口君も、大学の立場になるか、兵庫の立場になるかは

はたまた他の立場か分からないけれども、そういう風に続けてほしいものである。

・・・・・

レセプション。英語力がないことが明らかになってしまった。

今年の年初め、3か月でほぼガイジンになるつもりが、予定が狂う。

昨晩家に帰ってからは、あふれ出る涙で枕を濡らすことになった。

ということで、高校入試用の長文問題を購入。

理由?英作文しようと思うのですがなにか?

・・・・・

レセプションには審判の先生方と濱野ドクターにもご出席いただいた。

ワタクシが就職してすぐの10年ほど昔、当時高校生だったにもかかわらず、

やけにとっつきにくさを醸し出す男だった、後の全日本3冠の星大二郎先生の

「僕は17回負けましたけど、今でも負けた相手全部言えます。

それくらい負けることは特別なことだと思ってほしい。

負けることに慣れないでほしい」という言葉には非常に感銘を受けました。

p1000802.jpg

↑ レセプション時に星さん(右)に教えを乞う吉田(中)

左には藤沢さん。オセロみたいに何かの間違いかはずみで

吉田もチャンピオンになってくれねえかな。

by かんとく

13.4.08. up