『かんとく書店、6月の新刊』について byかんとく

2010062211350000.jpg

かんとく書店の新刊、今回は小説をメインにしてるが、

一番のお勧めは『魂の箱』。

中部地方の生んだ世界チャンピオンが

その後の人生の4回戦ボーイとなろうとも

悪戦苦闘しながらも結果を求める姿勢頭が下がります。

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください