『嫌な指導者』について byかんとく

昨日、皮肉(アイロニー)の数々を書いたが、読む人によっては

「かんとくは、やっぱり悪者になりきれないんですな」という。

いやあ、書いていることは本音ですが(ニヤリ)。

・・・・・

「ダメージ受けたら困るのは本人」というのは本音だ。

だから「ボクシングは危ない競技だ」ということも、隠さず言っている。

でも、直接的には自分に関係の無い人間がダメージを受けることでも、

関係者としてはそうなってほしくない。

況や身近な人間をや、である。

そうならせたくないから、言うことがある。

・・・・・

例えば「走らないとあかんぞ」と指導者は言う。

本人だって現役のときに走るのが好きだったかといえば、

ほとんどの指導者は「NO」というだろう。

選手のその気持ちがわかるからといって、

別に選手が走らんでよいと言いというのは簡単だ。

選手が走らなくたって、指導者としては痛くもかゆくもなく、

走っている姿を見たからといって、メリットなんてない。

がいざ試合で、スタミナ不足の為、勝てる試合を落とすなんて見なくもないし、

ましてやそこで打ち込まれる選手なんて、想像したくもない。

だから、走れ、スタミナをつけろ、と言うのである。

・・・・・

他のことでも同じである。

選手がバッグを打っている姿を見ても、指導者として得られる物なんてない。

部室を掃除している部員を見ても、得られる物なんてない。

見ているものにメリットなんてないが、やっている本人、つまり選手には

メリットにまで行き着かなくても、将来的に見てやらないとデメリットになる事を、

多くの指導者は指導しているのだと思う。

ボクシングは相対的なものである。

相手より。パワーのある者、技術のある者、体力のある者、

精神力のある者が勝つ競技である。

だから、”無い”という状態に甘んじていてはならない。

今社会人生活を送っていて、思うことも近いものがある。

知識のある者、馬力をもって絶対数をこなす者、お客を口説く能力の高い者、

今がダメでもあきらめない精神力を持つ者は、やはり結果を残す。

ワタクシは今の生き方すなわち、将来の自分の生き方だ、と思うがいかがか。

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください