『ビデオ』について byかんとく

昨日、このHPの”どうでもいいOB列伝”という、2回で終わったシリーズに登場させた

セベッチと夜遅くまでスポーツドリンクを飲んでいたため、更新できなかった。

セベッチは現在岡山の人だが、東京出張の前に実家による為とのこと。

録画していた”情・恋澄”ショウタイムも本日帰宅後に観た。

いやはや忙しい(ニヤリ)

・・・・・

それはそうと、選手諸君は練習以外でどれだけボクシングに接しているだろうか。

選手諸君は自分のボクシング以外を見て、それに対してどういう分析が出来るだろう。

「あのジャブはいいですね(僕より)」や「ボディーはそんなうち方じゃダメ(俺のほうが上手い)」

に”思考”がなってやしないか?

それは分析ではありません。自分と比較しているだけです。

自分との比較とはもちろん大切なことだが、”一般に言われる正しいこと”はもちろん、

”そもそもトップレベルはどういうことが出来るか”とか

”そうする為にどんなことをしているか”ということも仕入れようとしなければ

いつまでたっても頭にも身体にも入ってこないだろう。

間違ってた知識でも、まず知識があればそれを元に会話が弾むこともある。

先般の情・恋澄氏(また元の記述に戻してみた、ニヤリ)との

プロボクシング会場での会話も

論理も知識も足らないけれども、ある程度収集してきたから

色んな知識を与えてもらえたのだと、ワタクシは思っている。

・・・・・

そのときに情・恋澄氏が「この選手のボクシングは日本人でもできるので参考に」

とおっしゃっていた選手を私も見てみた。

率直な感想、うん、出来る。

私が思うその選手のいい部分。

1、ロングのジャブが強く正確。

2、それがあるからずっと前に出られる。

3、肩のスナップで出しているので、左ボディーの射程範囲が広い。

4、だからこそ上下の打ち分けが容易に出来る。

5、右ストレートも良いが左が多い。

6、だからこそバランスを保ったまま攻撃できる。

そのうちビデオを持って行くので、興味があってもなくても、毎日3回見てください。

1ヵ月後にモノマネが出来るか、試験をします。

でもたまたま、R1の敗者復活も同じビデオに入っています(ニヤリ)。

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください