『砂糖』について byかんとく

昨日は点検当番であった為、11時過ぎまで仕事。

本日はその翌日ということで、上司の許可を得、早々に帰宅。

だって勤め人だもの。

会社によって労務に関する考えは様々。

その考えに沿った帰宅も、仕事の一部。

そういう意味でも、先般購入した垣根涼介著

『借金取りの王子~君たちに明日はない2』は面白かった。

会社という空間は、会社によってほんとに様々だということがわかると思う。

4年生あたりには是非読んでホシイ。

・・・・・

というわけで、阪急梅田駅のバカでかい書店にて書籍を見繕い、

早々に車中の人となる。

本日購入の書籍は、新井悠介著『ギャルとギャル男の文化人類学』と

黒川祥子著『同い年事典』である。

『ギャル~』は単純に面白そうだから、『同い年~』は有名人の誕生日を知ると、

話しの種にはなるかなあ、というか、この本自体を見せる方が

盛り上がるのであろうか、と思っただけ。

別に深い意味はない。深い意味のないことをいつまでもしている監督。。。。

・・・・・

話が横にそれた。

帰宅の車中にてボケーッとしていたわけであるが、

西宮北口に到着した際に、ドアのあたりを見ると、砂糖(仮名)がいた。

彼は確か2006年卒であったかと思う。

生保に勤めている。

声をかけると、やはり砂糖であった。

聞いてみると、仁川が最寄り駅であるとの事。

なもので、そこまでの10分を楽しく語らう。

知っている人間の消息を尋ねると、

やっぱり、関学を卒業した人間は、昨今は東京進出組が多数。

それ以外も、「一人ある身を何とせう」というように、遠隔地に飛ばされる。

まあ、それもいいのかもしれない。

そこで大きく育って欲しいものである。

年末の浪高出身者の主催する大忘年会にでも、

その姿を見たいものである。

by 同居人が本日より入社する会社の、研修に旅立ったので

本日は猥褻動画などを存分に楽しもうかと思ったが、

レンタルショップは先般潰れ、自ら猥褻動画は持ち合わせていない、かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください