『ジャブと技術と勝ち方』について byかんとく

本日はハンバーグ作りに挑戦。

社食でシャキシャキメンチカツなるものを先般食べたので、

ハンバーグにしたら如何なるかなと思い挑戦。

結果、失敗。

普通のハンバーグを入れる分量でつなぎを作り、

小さく刻んだレンコンを投入したのだが、つなぎが脆すぎた。

だから揚げ物にしてたんだねぇ、勉強になるねぇ。

・・・・・

さて、月曜日は、情・恋済ショーターム。

美歯得る(仮名)VS競る芽如(仮名)の試合。

今回の表題は、ボクシングの基本28『リードブロー4』にしてやろうかと思った。

ジャブ、手数の多少がこの試合において、ジャッジに影響を与えたと思うからだ。

実はボクシングの基本は30までやろうと思うが、

スウェーとか基本じゃねえしなあ、どうしようかなあ、と思っているところに

いい試合だな、という試合をする選手はみんなジャブが上手いのである。

ジャブというよりリードブローだけどね。

・・・・・

この試合で見てほしいのは、美歯得るは非常にいい選手だが、

前に出ることばかりを意識しすぎて、パンチを打てなくなっている点だ。

パンチをかわしてから打とうと思うと、大体の選手は身体が硬くなりがちだ。

というのは、身の危機を感じると、人間の身体は硬直するからだ。

プロで、パンチをかわすことになれている選手でさえ、そうである。

美歯得るでさえそうであるのだから、まずは筋肉を緩める意味でも

ジャブを使うということは大切なのだ。

・・・・・

でも、美歯得るの試合を見てもう一つ思うこと。

1年生とかはいわれたことをその通りやっているので、試合でアドバイスすれば

それをきちんと実践しようとする(できるかどうかは別として)。

しかしながら上級生よ。

当たり前にジャブが打てるにもかかわらず、かわしてから連打し

倒してやろうという意識ばかりが先に立ち、実際にはかわしていない事多々。

難しいことに挑戦し、技術をつけていくことは大切だが、その技術は

一体何のためにあるのかをしっかり理解しておき、いざ試合のときに

何が一番有効なのかを考えるクセをつけるべきだろう。

byかんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください