『恐怖心と畏怖』について byかんとく

昨日、久々に走る。そろそろ準備をする必要があったのである、

渚の海の女どもを掻っ攫うための。

と言い続けて早15年、まだ結果が出たためしがない(にやり)。

・・・・・

戯言はさておき。

走っていると暇なのでいろんなことに思いを巡らせることになる。

走りなれていない者は往々にして、

どこそこが痛いだの、つらいだの暇だのと考えてしまいがちなのであるが、

慣れてしまうと、そんなこと思っても問題は何も解決しないことがわかる。

というか解決しないことをずーっと考えることこそストレスである。

それならば別のことを考えるしかないということで、いらぬことを考えるので

貧しい港町・呉の山道を走っているころを思い出す。

(貧しい港町・呉には海と山が95パーセントを占めているので走るなら主に山。

昨年までの夏合宿はいやというほど走らせたので、

2回生以上、卒業3年目くらいのOBは嫌でも記憶に残っておろうが。にやり)

・・・・・

貧しい港町にいたとき、ワタクシが中高とバレー部に入っていたことは書いた。

(バレーをしてたら背が伸びると思って6年やったが、

高いやつがやるものだと気付いたのが引退間近であったのが無念)

そんなことは良い。

中1の時は指導者がやる気がなく、きちんとバレーを教えてもらえなかったが

中2のときにボディビルで無用に鍛えたティーチャーが顧問になった。

いやというほど練習をやらされて、3年のときには市内では強いチームになったのだが

その時のトレーニングにおいて最初から最後までずっと言われたのが

基礎の動きの体の使い方であった。

アンダーパス、或いはレシーブにおいて、そのティーチャーはこういった。

「腕を組んで振ることでボールをセッターに運ぼうと思うな、

脚の屈伸運動でボールを思うところに持っていくように」

まあこの方が安定性が高いからなのだが、もう一つ言っていたのが

「腕を組むのは下で組むな、顔の前で組んで球が来たら下へ」

・・・・・

良きにつけ悪きにつけ、ワタクシの1つ上の学年はトミー(仮名)という

非常に優秀なアタッカーがおり、基礎が出てきてなくても4強に入るチームであった。

いうなれば基礎ができれば、簡単に優勝できるチームだったわけである。

その練習相手は我々1つ下の学年がレシーブをしたりするわけだが

それがゆえに結構みんなビビリィになってもいた。

変に前衛近くにいたらトミーのスパイクが顔面直撃である。

ということでみんな取れなくても良いとは思っていないのだが、

それ以上に本能的にダメージを恐れていたといえる。

そういう素地があった段階での上述ティーチャーのアドバイス。

確かにこの方法なら怖くないから、球から目を背けることがなくなった。

やっぱり一工夫というのも大事なことですな。

(というよりもボディービルのティーチャーの方が単純に怖かったのかもしれないが。

まあO2市(仮名)のいじめ事件の先生の態度への話じゃないけども

先生が生徒から「只者ではない」と思われるというのも大切なんですけどね。

世の中の「先生は聖人君子であるべきで強さを持つべきでない」という判断も

どうなんかな、と思ったりもします。)

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください