『雀の涙』について byかんとく

こんばんわ、かんとくです。

このHPのファンの皆様、更新が延び延びになってしまって申し訳なく。

時期を同じくして勝手にライバル視(ヒット数は比するべきもない大御所)していた

神戸女学院大学の教授のHPも1ヶ月休眠状態から脱却していたので、

先ほどスポーツドリンクを片手に読んでおりました。

むむむ、人生暇な時間は大切にしたいものなのだが、その時間は雀の涙。

だからこそ大切にしたいものなのか。

・・・・・

ついにリフォームも終了。

以前の横穴式住居(通称、うなぎの寝床的高級住宅。佐々木氏採点10点満点中3点)が

内装だけ刷新し白さ輝く最新式のテラスハウス(通称、ホワイトハウス)に生まれ変わった。

おかげで雀の涙にも及ばなかった貯金は底をついた。

明日からモヤシを主食とする、ボクシング部時代の減量中的食事になる。

たぶん、平日休みで一人寂しいときは、部室に顔を出して、

その後BIG PAPAで飯を食うことになる。

僕には三田屋(ステーキ定食1000円)は高嶺の花にナル。

ごめんけど、現役にはもうおごらない(にやり)。

・・・・・

ワタクシが仕事以外に、年に一時期だけ真剣になるリーグ戦も中盤。

日曜日のリーグ戦準備に赴く前に、目覚まし時計代わりにテレビに

タイマー設定していたやんごとなき方々の日常を報告する番組を見るのも、

今年あと3,4回。

東京へ転勤する同僚の送迎会で、かつてないほどの泥酔振りを発揮し、

自らの体力の低下と体重の増加を憂う昨今、力を振り絞らなければならない。

まあワタクシの振り絞った力なぞ雀の涙ほど。

力を発揮し草の冠を目指す若者はその残り3,4回を全力ですごしてくれることを

期待している、というよりそうあってほしいと思う。

OB各位、ならびにKGボクシング部ファンの方々には熱き応援を賜りたく。

・・・・・

さて、本日帰宅すると、このHPに勝手に何度も登場させている”坊さん”より

結婚報告させていただいたからだろう、手紙が届いていた。

よい言葉である。ありがたく拝読。

2011052800430000.jpg

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください