『リディアード』について byかんとく

先般、「ランナーズ」という雑誌のことを書いたが、

そのときに特集されていた書物に興味を持ったので、読んでみた。

黒木亮著『冬の喝采』(講談社)である。

著者は、マラソンで有名な瀬古選手と早稲田大学で同級生。

指導者である中村清や瀬古との交友を交えつつ、自身も走った箱根駅伝が

物語の中心である。

・・・・・

面白いと思ったエピソードを3つあげる。

1.中村清という指導者。今で言うならば「キャラが立ちすぎ」ており、

おそらく現代の学生にはこっぴどく嫌われるキャラクターであったろう。

が、文中からもにじみ出てくるほどの、陸上、特に長距離に対する情熱が

只者でない。

2.試合に向けての長距離選手における体調、体調管理が文中よく出てくる。

たった1kgベストの体重から多いだけで、1kmで3秒くらいの差が出る(らしい)。

箱根駅伝の区間のほとんどが20km強と考えれば、それだけで1分差が出る。

(上述著書上巻、p.364参照)

また、体は成長するものであり、前期のベスト体重が今期のベスト体重であると

必ずしもいえず、そのことは自身の身体と対話し続けていなければ

間違った体重で走ることとなり、脱水症状を引き起こしたり、筋肉の回復が

ままならなかったり、といったことがよくわかる。

3.リディアード(トレーニング)方式。

これについては引用する。

・・・・・

「リディアード方式は、ニュージーランドのコーチ、アーサー・リディアードが

開発した練習方法である。距離は時間に変化を持たせながら、

七割から十割の力で有酸素ランニング(息切れしない状態で走ること)を続け、

心臓を肥大させ、全身の血管網を発達させて、酸素吸収能力を高めることを

狙いにしている。毎日休まず走り、走りながら疲れを取る『積極的休養日』を設け、

インターバル・トレーニングのような無酸素ランニングは、シーズン前に

スピードを研ぎ澄ますため補助的に使う。一九六〇年のローマ五輪で、

リディアードの教え子であるピーター・スネルが八〇〇メートルで金メダル、

マレー・ハルバーグが五〇〇〇メートルで金メダル、バリー・マギーが

マラソンで銅メダルを獲得するという、目覚しい成果を挙げた。」

(上述著書上巻、p.268)

・・・・・

ワタクシが、走れ走れというのはそういう意味もある。

LSDペースでいいから毎日走っていると、足腰の毛細血管が拡張されて

”第二の心臓”として機能し始める。

そりゃあボクシングというのは、タイムを競う競技ではないので

その走ることがイコール勝ち星につながるとは必ずしもいえない。

が、より多くの酸素が脳に送られることは、いつも通りの判断ができる。

瞬間的な判断を迷う可能性が低くなる。

逆に言えば低酸素で判断を強いられれば、いつも通りの判断ができず、

本来はそんなディフェンス方法をとらないはずでも、誤った方法を選択しやすくなる。

と同時に、筋力に送られる酸素も少ないわけであるから、ガードができるはずのモノでも、

腕が上がらず回避しきれない可能性を高める。

だからハーフをやるのであるが、選手は”瀬古の海”状態になってないだろうね?

(わからなければ、ウィキペディアを参照しはなれ)

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください