関西学院大学ボクシング部

TOP > 活動報告 > 『sturdy』について byかんとく

『sturdy』について byかんとく

本日は休みなので部室に赴く。

すると恐れていたことが起こっていた。

先週末のリーグ戦、同志社戦リザーブのハラグチョが高熱のため、

当日になってリザーブを外したのだが、何としてもみんなを応援したいと

ナカナカ殊勝なことを言っていたので、大人しくしているならと許した。

しかしながらハラグチョ、応援に熱が入りすぎマスクを剥ぎ取り、応援。

結果、風邪の人民多数。

チクショウ、こんな事なら9日に試合のある龍谷大学の選手の中に

放り込んでおけばよかった(ニヤリ)。

しかも当日のよく思い出したら、ハラグチョ、大人しく試合まで待てと

言っていたはずだったが、目の下に隈を作っていたにもかかわらず、

試合までの待ち時間、ペラペラと喋っていたような。。。

そんな状態なので、本日の練習人数は少なめ。

ほとんどの人民が減量で体が弱っている中、一人栄養過多のおにぎり元気。

本日休みで昼間に予定なかったので、練習を見に来てくれた星さんにマスを申込む。

彼の持つ日本最高峰の技術を教えてもらわず、いつもの土俵際寄り切りを披露。

体重何キロ違うと思ってんだか。。。

by とは言え、その重いパンチをブロックだけで処理する星さんの技量の一部は

是非全ての部員に身に付けてもらいたいと思う、かんとく

13.5.29. up