関西学院大学ボクシング部

TOP > 活動報告 > 『クリスマスソングが流れるころには』について byかんとく

『クリスマスソングが流れるころには』について byかんとく

昨日のもう一つの試合の話。

ハラグチョがルミナリエに行ったという話を小耳にはさむ。

どうやらフラれたという話である。

そういうの、大好物なんですよ(にやり)。

というので、1回生たちのハラグチョに対する囲み取材に交じってみると、

「13日に行きました。ルミナリエ見て、飯食って電車西北で乗り換える時に、

付き合ってくれと言ったら『えっと、急いでるからごめん、この電車乗らないと』

と言われました」という。

・・・・・

そもそも「前にも遊びに行ったことあるので、24日に遊ぼうと誘ったら、

『サークル活動があるから』と断られ」たらしく、

1回生が「良い答えが戻ってくるわけがない」「無理、無茶、無駄」というのを

爆弾磐のようにニヤニヤしながら聞いていたら

「あ、かんとく、うまくいくわけないと思ってるでしょ?それなら、

うまくいったら奢ってくださいよ」と100%勝てる賭け事を提案されました。

ということで検索。

リッツカールトン大阪のフレンチ、24日はコースだけで一人35,000円というのを発見。

一月分のバイト代が飛んでもドンマイやって!

(お分かりかと思いますが、ワタクシは博打やりません。

しかも、これは博打ではなく残酷ショーですし、余計に可哀想になりますな)

p1000454.jpg

↑ 沈ジャッジに詳細を話し(女性の意見を聞いたら)、即失格負けでした。

この写真、2,3年前に同じようなアングルで仲魔シリーズに載せたような。。。

by そういうのも経験なので「社会人になったらすぐに結婚したい」という

ハラグチョには是非ともM井物産かM菱商事に入社し、

「私M井物産と結婚したーい」という女性と結婚してほしいと思っている、かんとく

12.12.16. up