『とある晩餐』について byかんとく

仕事の引継ぎとルーティンの繁忙期でバタバタとし、

遅くなったので、ちょっと疲れた。

おそらく夏バテも兼ねており、家で飯を作るという発想が湧き出てこなかったので、

西北にてディナー。お好み焼きを食す。

心のスポーツドリンクを飲みながら、読書にふける。

いやはや、なかなかに気が安らぐ。

・・・・・

古本屋で買い、最後のほうまで読み進めていた村上龍著の

『五分後の世界』を読み、「君はいつも、どうでも良い楽曲などについて、

詳細に書きすぎる傾向がある」と酔っ払いのおっさんの如く、一人ごつ。

最後まで読んだので、この前に購入した桜井静香著

『ジムに通う前に読む本』(講談社ブルーバックス)を引き続いて読む。

「スポーツドリンクを読みながら、こんな本を読むくらいなら、

朝は走り、昼飯食った後に昼寝などせず本を読み、夜は早く寝ることだ」と

心のスポーツドリンクが好きな中年に対して、一人ごつ(にやり)。

by 『ジムに~』によると、どんなにがんばっても脈拍は220位までいったら

身体がそれ以上になることを制御するという項目を読んで、

そういえば200以上には中々追い込めなかったなあ、と思いながら、

最近では、階段を上がるだけで息が上がるだけでなく、

太ももの筋力が退化しているためか、3階以上に上がろうとすると

躓きやすくなっている(つまり足が上がっていない)、かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください