リーグ戦対関西大学 総括

5月30日に本年度のリーグ戦がすべて終了いたしました。 

ご声援ありがとうございました。

監督のPCが不調のため代わりに更新させていただきます。 

LF 前田 和輝(3)

フックに頼りすぎだった。

ジャブはシャープでいい感じに打てていた。

単発のタイミングは結構良かった。

そこから打ち続けていたら、すごく良いと思う。

F 日上 弘二(3)

1Rは自分から手を出して上下に散らしていてあてていたが、2R目からは相手に合わされて引き気味になった。

手数が減ってしまったときにもらいすぎてしまった。

B1 宮本 健志

もう少し距離をとりながらできたのではないか。

距離をとった時のジャブの使い方は良かった。

距離をとれているときは相手のジャブに対してのカウンターのパンチが良く当たっていた。

手数が多い相手との勝負の時のスタミナが課題。 

B2 田鍋 祐次郎

顎があがっているのが目立った。

今後の課題が見つかる試合でした。 

L1 山田 将大

相手をしっかり見れていていい試合だった。

1,2R良かったが中盤手数が少なくなっていたのと、上体が高かった。

連打をもらったときのけぞってひくだけになってしまったのがもったいなかったと思う。

Lw 松岡 隼士

最初はジャブのつきあいでいい出だしだった。

そこからストレートにつなげられず、相手が来るのを待ちすぎていた。

ジャブをもっと上下にちらしてストレートにつなげながら自分からもワンツーを打って行けたら

自分のカウンターものちにつながっていくことができたと思う。

 M 田尻 健太

相手のツーが強かったのでやりにくそうだった。

連打を浴びる前に回らないといけない。

このリーグ戦で経験をつめて強くなったと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください