『愚才・中年かんとくの生活(3/27)』について byかんとく

表題の件、長年(というわけでもないが)親しんだ、”もう中年日記”という

タイトルを返上してみた。

理由、何となくtired、そして春だから。

どんなマスメディアであれ、季節による改変というものが行われている。

おそらく、タイトルが同じだと過去のコンテンツ(内容)を引きずりやすく、

そのために惰性で作られる為、停滞を招くのであろう。

ということで『天才・柳沢教授の生活』(山下和美著、講談社)という漫画をもじり

こんなタイトルにしてみました。

なお、この表題、適当ですので、名前負けする予定です。

でも、おそらく引き続きDJ総長もよく出てきます(ニヤリ)。

・・・・・

さて、27日、つまり昨日の生活。

仕事であった。

休みの日に会社にこもり、あれやこれや23:00過ぎまで

作業をしていたので書くことが限られるが

が、チェックすべきものがあるので、それが出るまで、ほとんど待ち時間であった。

まるで役者みたいな仕事である(ニヤリ)。

・・・・・

少ないエピソードの一つを上げるなら、昼食に出かける際のエレベーターの中。

ワタクシがエレベーターに乗っていると、2名の女子が乗ってくる。

階数表示を見ながら何気なく、その会話に耳を傾けると

「先週、○○ちゃんの結婚式にいったんだけど、余興あるじゃない?

うちの部署のメンバーも出し物してたんだけど(私はやってないを強調したいらしい)

なんかガングロ(死語か、年配の方、黒い顔という意味です)で出てきて歌ってた。

あーよく準備してるなあ、と思って、どこでそんな黒い顔料売ってるの?

って聞いたら××ちゃんのファンデーションだって言うのよ。

普通のさー、日本人が塗ったら黒人に見えるほどのファンデーションって。。。

それこそ再度聞きたかったわー、そんなん、どこに売ってるのって」

ガールズトークって怖い。

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください