2010・KG新入生へ『KGボクシング部』について byかんとく

新入生の皆さん、合格おめでとうございます。

が、よりレベルが高いと言われる大学の受験に

最後の一踏ん張りをしているかもしれません。

その方は是非、その受験、今そのときを大切に過ごしてください。

また関学に入学を決めた方は、新生活を前の準備で忙しいことでしょう。

両親も含めてお忙しいこととは思いますが、

入学後の大学生活の選択肢の一つとして、KGボクシング部を紹介いたします。

・・・・・

     選手(内経験者)  スタッフ

新4年生 :1名(1)      0名

新3年生 :7名(1)      2名

新2年生 :12名(3)     2名

新入生  :2名(2)←2月19日現在

・・・・・

経験者のうち、新4回生1名、新2回生、新入生各2名が高校ボクシング部出身、

新3年生、新2回生それぞれ1名がジム経験者です。

現状、約30%が経験者ということになりますが、

KGボクシング部は伝統的にボクシングを

大学からはじめた選手でも強くなっています。

近年では、兵庫国体の前年にプレ大会として全日本選手権が開催されましたが、

その際に大学からはじめた選手が出場、全日本ランキングに入りました。

・・・・・

また、前主将、前副将も未経験者でしたが、熱心にボクシングに取り組んだ結果、

高校経験者相手でも、勝るとも劣らないボクシングをできるようになりました。

前副将は高校でバスケットに真摯にやってきた結果、すばらしいスタミナがありました。

最終的にはチームのエースとして、勝つべき試合に全部勝ってくれました。

特に3回生から4回生の間は、特筆すべき強さを身につけました。

最初からステップワーク、フックなどの攻撃面でも、すぐに覚えるセンスもありました。

が、最初の頃、市民大会で何度か負けています。

例え市民大会といえども、相手は自分を殴り倒そうとかかってくる相手です。

その相手に対して、怯まず打ち込み、勝つ。

これが出来るのは、センスがある人は確かに有利でしょうが、

結局のところ自身が挑戦し、結果を得たいと真摯に欲し、

準備する事からすべてが始まります。

1回生の頃の失敗がそのことを彼に自覚させ、大きく成長させたとも言えるでしょう。

・・・・・

また前主将について。

本人を前に失礼ながらも何度も言った言葉ですが、

「前主将の入部当時はボクシングセンスを感じなかった」ということ。

が、見事に裏切られました。

彼の最終戦積は17勝1敗。高校からずっと続けてる選手にでも

自信を持って戦い、勝ってきました。

彼らは野球、バスケットと高校までにある程度の体力はありましたが、

大学で自身で必要な技術を見つけ、技を磨き、パワーを身につけ、

さらによりよい方法を身につけるために、工夫をし続けたこと。

そのこと自体がすばらしいことだと、私は思っています。

その結果によって、昨年は2部を優勝、本年1部復帰となります。

・・・・・

ボクシングといえばどんな能力が必要とお考えでしょうか?

1、ボクシング技術

2、フルラウンド打ち合うスタミナ

3、力強いパンチを打つための腕力

4、フットワークのための強い足腰

5、間合いを見切る能力

6、状況によって瞬時に判断できる頭のよさ

7、地味な練習に取り組む粘り強さ

8、よき技術を手に入れようとする貪欲さ

9、よき技術を持つ人に接点を持とうとする社交性

10、人の話を素直に聞く謙虚さ

11、勝利にこだわる姿勢

・・・・・

そのどれもが大切で、チャンピオンになるには

すべての能力が必要だと思います。

でも同時にこれらの能力は誰もが最低でも

一つは持っているものだと思います。

2~5に関しては、まさしくボクシング以外でも

運動部で身に着けた体力、技術で通用するところです。

実際、五輪に出場した川内選手はボクシングの前は

剣道をしていたそうで間合いの図り方が上手い。

そういう能力はボクシングで活かせます。

・・・・・

6~10に関しては、運動部以外でも身に着けている人はKG内には多々見受けられます。

それは受験勉強をがんばってきたから、

あるいはアルバイトに精を出してきたから、

ナンパにいそしんできたから、

そんなノウハウも、ボクシング部での活動の一助となります。

・・・・・

今の我々は強いとは言いきれない。やっとこさ1部の土俵に上がれたレベルです。

だからこそ、我々は”強さ”を真摯に探求しようと考えています。

そのこと自体が腕力ではなく、本当の意味で強い人間になるための契機だと

私は考えています。

真摯に取り組んでみるからこそ、人の優しさに気づける事があります。

真摯に打ち込んできたからこそ、社会のルールの本当の意味がわかる時があります。

そしてなにより、今自分にはない能力を、我々と一緒に身につけていきませんか?

・・・・・

最後に主な年間行事について。

4月   関関戦

5,6月  近畿大学リーグ戦

7月   リーグ入替戦、兵庫県ゴールデングローブ大会

      【以降、自主練習期間】

8月下旬 シーズンイン、夏季合宿

9月   加古川市民大会

10,11月 国体、全日本選手権

12月   兵庫県ゴールデングローブ大会

      【以降、自主練習期間】

12、1月 ハーフマラソン大会

      (自主練期間内のスポット行事)
2月   シーズンイン

3月   春季合宿

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください