『仕事』について byかんとく

年末年始はよく遊んだので、

そろそろボクシングのことをしないといけないなあ、

と思い至ったので昨日、本日と、

思い出したように主将とか主務とかにメールを打つ。

ま、実際思い出したんですがね。

・・・・・

とりあえず、2月からシーズンイン。

スケジュールは今週末中に仮予定をアップします。

ボクシング部名物”オフが長い”はもはや過去のもの。

「上司は思いつきでものを言う」という言葉のとおり、

監督は思い立ったが吉日、明日暇、練習する奴来い!という輩である。

ということで、1月24日(日)高槻ハーフに数名出場。

ワタクシも行きますが、さすがにもう走りません。

老兵はただ”おる”のみ(ニヤリ)。

・・・・・

さて、昨日、本日で読んだ本。

垣根涼介著『張り込み姫~君たちに明日はない3~』(新潮社)

『君たちに明日はない』は現在、日本国営放送(仮名)にてドラマ放送中。

どことは言わないが日本という国には、頼んでもないのに電波を垂れ流し、

その上で家までやってきて、すぐに金を払えと言う放送局があるそうな。

まるで商品を送りつけて金を払えという、詐欺商法と一緒ではないのか。

公正取引委員会は一体何をしているのだ。

さらに聞いてもいないのに、銀行振り込みがお得ですよと懐柔の談。

そんな放送局にこそ言ってやりたい「君たちに明日はない」

そういわれないためのすばらしい天啓を今授かった。

ここに書こう。「アマチュアボクシングの番組をでも作りなさい。

そしてリーグ戦を流しなさい。さすれば救われるであろう」(ニヤリ)

・・・・・

まあ、そんな戯言はさておき。

このシリーズは面白いですな。

社会人用だろうけども、社会人になる前に読んでおくのもいい。

今回では”みんなの力”という章がよかった。

この章でライトが当たっているのが、車が好きだから就職し、

自分の仕事をお客さんに評価してもらえることを

誇りに思っている30代の自動車ディーラーのメカニック。

だが、効率至上主義の社会と、車=”下駄”という社会情勢のなかで

こだわりを持って仕事をしていくことに葛藤がある。

そこに主人公のリストラ請負人が乗り込んできて、という話。

(主人公・リストラ請負人の村上真介が、様々な業種の企業に

乗り込んでいくのがこの物語のスタイルだ)

仕事への考え方、こだわりは人それぞれだろうが、

それを通して、知らない人とのつながりが生まれていく。

それを財産と言える人になれるといいですわな。

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください