もう中年日記(12/17) byかんとく

本日は代休。

よって、いつものように大学に行き、1回生と戯れる。

参加者は、カネヤン、たっちゃん、甲斐ちゃんと

昨日箪笥に足の小指をぶつけたおかげで、踏ん張れないという辻丸さん。

たっちゃんには重心の位置、甲斐ちゃんには構えたときの足幅について

延々と語る。カネヤンはなんか生き生きシャドーしてたんでほったらかしといた。

辻丸さんは、練習に付き合いに来たワタクシをほっぽり出し、

ロードワークに行きはりました。

俺の立場ってどうよ?

・・・・・

ってか、小指ぶつけてもあんまりジムワークには影響しないはずだが、

それに影響がでるということは、足の指の使い方が分ってないということか。

辻丸さんに言わせると、「僕何度もぶつけるんですよー」とのこと。

今朝、たまたま大学へ向かう前に家でネットを見ていると、

某新聞の記事にこんなものが載っているとの記載あり。

何度も痛い目に合う人は、セロトニンという物質不足とのこと。

辻丸さんはセロトニン不足?なんか、よく怪我してるし。。。

それとも、次のボクシング講座は「足の指のどこを使うか」の講義せなあかんか。

・・・・・

さてさて、1時間半の練習後、仁川までセロトニン不足の辻丸さんと帰る。

辻丸さんは中国語の勉強に行くという。

「就職のためっすよ」と一回生らしくないことを平然と言っていたので、

どうせ就職活動するときのネタの為なら、

習った中国語と、今やってる走り込みを活かして

「万里の長城を走破してこい。その間は部活休んでOK。

誰もやってないだろうし、それ以上に面白いから」というと、黙り込んでしまった。

賢いのかもしれんが、ノリが悪い(ニヤリ)。

・・・・・

さて、ワタクシはというと、本日は料理教室。

今日はオムレツとポテトサラダとガーリックトースト。

オムレツは卵を三個も使い、しかもバターも使った。

受講生のメタボ率向上の為かと思ったが、うまかったので許す。

2009121720280000.jpg

やっぱり最近忙しいから予習復習を怠っているので、

料理に関する熱が下がっているような気がする。

やっぱり人間が、何かを習得する為には習慣が必要であり、

習慣があるからこだわりが生まれるものだろう。

と思った、師走の夜。

明日は夜の当番。早々に仕事を片付け、会社にて穂積の試合を観戦する。

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください