『新ビジネス』について byかんとく

本日も仕事を頑張りすぎて、帰宅が遅くなった。

仕事上、PCばかりいじっているので、非常に目が疲れる。

疲れるので、コーヒーを嗜みながら目を癒そうと思い休憩室に向かうと

後輩が腕組みしながら、フンフンうなっていた。

・・・・・

きしょい奴だなあと思いながら、気配り上手のワタクシは

「不景気の昨今、鋭意工夫に工夫を重ね、会社の為に働いているのはよくわかるが、

最近の営業どや?」と心にもないことを問いかける。

「いやあ、どこもかしこも厳しいですねえ。

特にボクの営業先って地方官公庁も含まれてますから、

今回の事業仕分けの影響ももしかしたら出てくるかもしれないし、、、」

といいながらも、彼の考えている企画は中々面白いものであった。

「世に知られてはないですけど、すごい技術やノウハウを持つ会社は

地方にもゴマンとあるんですよー。それをですね、ちょっこっとねー、毛毛毛」

と笑い、詳細を語った。

まあ、折角彼が頑張っているので、ここで微に入り細に入り、

書くことはできない。

だが、手法を考えていけば、広がりのある仕事になると思う。

おそらく単体ビジネスとしては、それほどの大きな金にはならぬだろうが、

これからの私の勤める会社には、必要な考え方であると思う。

・・・・・

彼の同期の女性は、非常に処理能力が高いので比較され、

枕を涙でぬらす日々を過ごしていたや否やは知らぬが、

自分が疑問に思ったり、調べることを怠ってはそういう考えは

出てこないであろう。

そういう能力を身につけるのはいつなのだろうね、学生諸君?

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください