『とある優秀なビジネスウーマン』について byかんとく

本日は土曜出勤だったので、朝から先ほどまで勤務。

帰宅が午前様である。

PC作業しすぎて目が痛え。

わが会社は仕事しながらもテレビをつけているのだが、

夕方、今週のニュースをまとめた番組を見る。

練炭を使った殺人容疑か。

容疑者、どうも結婚詐欺を生業としていた模様。

・・・・・

いま個人としては最もお手軽で、料金もリーズナブルだという

ネットの婚活サイトを活用。

無駄な経費はかけないという、吝嗇家だ。

まず、婚活ブームというものをしっかりマーケティング調査。

そして需要と供給のバランスを分析の上、30代後半、40代くらいをターゲットに。

「戦う前に勝つ」という軍事においてもっとも大切な要素を身ににつけた、

非常に優秀な戦略家であると、ワタクシは思う。

・・・・・

さらに、個別の戦闘では、「習い事の為に○百万円必要だから貸してくれ」と

”定価を高めに吹っかける”という戦術を活用し、戦局を全面展開する。

昨今のワタクシを初めとした「一回うまく行かなかったら逃げ腰になる」という

草食系男子の真逆を行く”男らしさ”も、併せ持っていたのであろう。

残念である。

もっと他に頭を使っていれば、他の方法で世に名を残せたであろうに。

というが、そういう常識に囚われない”革命家”としての要素が

彼女を容疑者たらしめてしまったのか。

怖い世の中だ。

by 昨日のDJ総長との飲みの際「三連休が全く暇であるため、

お見合いパーティーなるものに一日三回、三連休続けて出たらネタ作れるじゃん」

と意気揚々と語っていたが、怖くなって漫画喫茶耐久72時間でも

しようかなあと思っている、かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください