『ミッション』について byかんとく

本日勤務後、平成のOB会に参加する。

来期以降の現役生を支援しようというもので

各代の主将、主務クラスで関西在住者を招集。

20名くらい集まった。ありがたい。

参加の皆様には、今後ともご指導ご鞭撻のほどをお願いいたします。

・・・・・

開催場所が北新地であった為、平成13年以降(ワタクシより下の代のOB)にて

二次会に繰り出す。

案内役は日本最大手広告代理店Dにお勤めのIさま。

しかしI様、酔っ払って寝てしまったので、タクシーに押し込み、ワタクシが会計。

他のOBで割り勘。

実に腹立たしい。

最大手広告代理店DのIさま、このホームページを見たら

必ず何らかの形で現役支援をしなさい。

返済無用。(実はみんな返済してほしいかも知らんが、それは知らん!)

・・・・・

そんなことはどうでもよく。

其の二次会にて、政治家Mさんとの会話で、ワタクシが彼に見せた文章。

「実はそういう考えを持つ人が、政治家になる世の中にせなあかんと思うんです。」

と賛同してくれた。

その文章を昨日、東京より帰宅中に読んでいた本の記述から引用する。

「私がマザー・テレサに憧れるのは、彼女は彼女自身が望んでやったことが、

すべて『人のため』に重なったということです。

貧しい人のために無料のホスピスをつくり、

宗派を問わず、どんな状態の人でも受け入れてケアしたこと。

HIVやハンセン病の患者のための受け入れ施設をつくったこと。

イスラエルとパレスチナの武力衝突を一時休止させて、

戦火の中にあったベイルートの病院から患者達を救出したこと。

すべて、彼女自身がやりたくて、やったことです。

普通の感覚からすれば『なんの得にもならないだろうに』ということをわざわざしたのは、

彼女にその人たちを『助けたい』という欲があったからです。

あえて『欲』という言葉を使いましたが、それは純粋な思いです。

感謝されたくてやったわけでも、義務感にかられてやったわけでもない。

もちろん、地位や名声を求めてのことでもない。

ただ、『自分がそうしたい』という純粋な思いでやったことが、

すべての人のためになっている。

『私』と『無私』とがみごとに重なり合っている。」

(『勝つまで戦う~渡邉美樹の超常思考~』渡邉美樹著、講談社p.189~190)

・・・・・

本当にそうなれればすごいと思う。

ワタクシもボクシング部の活動を通して、よりよい大人に学生が育つように

工夫を重ねているつもりである。

が、マザーテレサのようにはいかず、「クソ忙しいのに」と義務感にかられながら、

あるいは「全く学生どもはなんの感謝もしやがらんのに」と思い、

「俺の私生活の充実が無いのが腹立たしい」と嘆き苦しむ輩である。

誠に小さい。

しかしながら、ワタクシは自分がおもろいと思えるものをすでに与えられている。

ある後輩が工夫を重ねて強くなる。おもろい。

別の後輩が社会人となり、丁寧な礼状であり、年賀状を送ってくれる。おもろい。

ワタクシが他の地に赴いた際、また別の後輩が今の状況を語ってくれる。おもろい。

そういった繋がりを持ち、楽しみをもらってきたのだから、

ワタクシは恩返ししていかなければならないのであろう。

・・・・・

そう思うと、これからワタクシはさらに思い悩む必要がある。

来期は1部だ。

嫌がおうにも、選手は頑張ろうとするだろう。

ならば、その彼らの危険回避率を限りなくゼロの近づけるのはもちろん、

当たり前以上に成長させる必要がある。

ワタクシは上記のM氏とは別のアプローチを行おうと思う。

今いる部員を、よりよき大人に育てる。

その結果が社会に還元されればそれでOK。

by 帰りの電車の中で、現役生に説教しながら自分の考えをまとめていた、かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください