『結局、新型インフルって』について byかんとく

新型インフル。

発症率からいって全然治まっていないけど、府知事なぜか終息宣言。

インフルエンザウイルスは湿気に弱いから、

まあそろそろ収束しても良いかという判断か。

ものの雑誌によると、日本が爆発的に発症数が多いのは、

かつてからパンデミック対策として検査方法が確立していたかららしい。

第一、大阪、兵庫だけに罹患者が固まるわけがないのである。

京都は昔から都で魔物対策の為の結界が張ってあるので、

流行病も入れまいと思っていたが(にやり)、普通に滋賀まで飛び火した。

多分、過度に高温が出ないので離間者自身が風邪だと思って自宅で静養、

あるいは普通に病院行ったとしても「風邪」と

診断されて終わりとか、多かったのかもしれない。

穿った見方をすると今回の新型インフルの件、

次の選挙に利用するつもりであったのかもしれない。

ちゃんと対応する我らが与党はすごいでしょ?といって、

すぐに解散したかったのかも。

ただ、大臣様が右往左往してるイメージがついてしまったねえ(ニヤリ)

そう考えると選挙ももう少し伸びるか。

・・・・・

関東リーグはそんな中、本日1、2部の試合があった模様。

駒沢が勝ったらしい。本当に戦国時代になりましたな。

近畿も戦国の様相だけど、インフルのおかげで水を差した感は否めない。

チームによっては調整に影響を与えたりすることも予想できる。

それは言い訳以外の何者でもないのであるが、

まさか負けても言い訳にする奴がいいないよなあ。

そもそも、そんなんみんな一緒です。

状況は大学ごと、学年ごと、学科ごと、或いは家庭環境みんな違うが、

同じ土俵というかルールの上で試合をするわけだから。

送れてインフルエンザに罹りましたとかはやめてホシイ。

負けても言い訳は駄目。体調管理が出来なかったというだけのこと。

それを考えてしっかりやってくれたまえ。

明日は緊急指導者会。

以後の日程については明日or明後日掲載。

・・・・・

それはそうとちゃんと校歌覚えたやろうな?

「仰げば星斗欄干として」に関してもテストします(ニヤリ)

by 初戦勝ったら、今後は校歌を勝ち鬨にしようと思う、かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください