『愉快な仲間達』について byかんとく

今週は飲み倒した。

結局プロ野球の一チームがする週間試合数より多い。

先般は地元の飲み屋にて、夕餉を楽しみ、かつ鯉軍の勝利を愛でつつ、

ちょいと一杯していたが、結局同席した鷹羅塚過激団(仮名)の

大道具ご一行と政治トークに花開く。

「鬼畜米英の戦争行為は遺憾!」「義務教育とはいかにあるべきか」

「競争のない世界を求めるのか、それはタダの甘えではないのか」

「台湾において、日本へのリスペクトを如何に考えるのか」

「結局ちょいエロトークより、国を憂う会話の方が面白いのではないのか」

など、乾々諤々、楽しい仲間を見つけてしまった。

またのもうではないか、過激団ご一行!

・・・・・

そんなことはさておき、本日の飲みについて。

(ボクシングのこと書いたらどうだ。。。)

ワタクシの近い世代2名と梅田にて飲む。

経営者2名であったので非常にためになった。

刺激が大きい。ありがたい。

・・・・・

途中、隣の集団の女性陣より話しかけられる。

ワタクシ、頑張って「我々は路上カルタ部である」(F君の草案)と宣言、

路上カルタが如何に面白いかの妄想を朗々と語り、大いに盛り上がる。

まあ、結局その集団がお開き。

集団のうちの男性が「今日コンパだったんですけど盛り上がらず、

僕らMさんのおかげで楽させていただきました。ありがたい」と言い、

ドロンしてしまったのであった。

と思ったら、一人の女性が戻ってきて、忘れ物をしたと言う。

皆で探そうと思っていたら、

密かに頭皮の毛根から男性ホルモンを噴出している経営者に

携帯番号を聞いていた。

実に腹立たしい。

敢えて言おう、粕であると!(by義連)

・・・・・

まあ、そんなことは横においておき。

もう一人の経営者との話は、若い人に如何に接するかで盛り上がる。

いやな従業員もいたようで、横領された経験もあるらしい。

ワタクシが経営者であれば、間違いなく、

「拉致ってポン」以外に選択肢がない(ニヤリ)。

(上記は拉致して人里離れた山の上に素っ裸で置き去りにし、

いつ帰ってくるかを当てるゲーム。九九(仮名)と言うお笑いコンビが

主演して映画にもなったことがある)

でも彼は、その経験からも学んでいこうと言う姿勢があるのである。

すばらしい。

と言うことで、本年は彼の店で新歓やってみるか。

そこまでランニングで行ってくれ(ニヤリ)。

by 久々に書いたと思ったら、酔っ払いのかんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください