『肉食系男子』について byかんとく

先ほどニュース番組を見ていると、ビーチバレーの

エキシビジョンマッチについて報道されていた。

ここ数年、夏合宿を行っているワタクシの地元・呉だ。

あの風景はおそらく「かるが浜」だと思う。

これで夏合宿の新たな練習メニューが増えた(ニヤリ)。

・・・・・

そういえば、本日の行き帰りに読んでいた本でも練習メニューを発見。

佐藤多佳子著『一瞬の風になれ』(講談社発行、1~3)だ。

高校の陸上部、しかもスプリンターという、かなり小説にしにくいものを

小説にしている作者に拍手。

BL小説やBL漫画をたしなむ腐女子には垂涎。

(ワタクシは別に陸上にドラマがない、というわけではない。

駅伝は毎年見るし、五輪や世界陸上で陸上の面白さを語る

レポーター以上に短距離走に興味を持っている)

このメニューはキツイ。ワタクシが現役なら「誠に遺憾!監督更迭!」と

声高に叫んでいたであろう。詳細は書きたくて仕方ないが、やめておく。

少々書いても、そのしんどさは理解できないだろう。

だが、地味に効いてくる練習だ。

怪我をしたくなければ(一回生は特に!)、LSDを行っておこう。

まあ怪我してもいいように、病院は明日予約しておく(ニヤリ)。

・・・・・

さて本日(5/10)より近畿リーグ戦開幕。

結果は別項目に書いたが、やはりリーグ戦は面白い。

失礼ながら、同志社大学が大阪商業大学相手に、まさかあれほどの

大勝をするとは予想していなかった。

同大の監督さんは、先般のスパーリングでお邪魔した際に、

「うちには何か悪いものが憑いている気がするので、

今度お払いに行こうか迷っている」と密かにおっしゃっていた。

しかし今日の結果は、チーム力という言葉で言えば曖昧になるが、

「いいかんじ」なのである。(余計に曖昧か)

この「いいかんじ」というもの、誠に言語化しにくい。

言語化してしまうと、もっとも大事な部分が抜け落ちていたり、

また本来伝えておくべき思考のプロセスが、ごっそり落ちそうだ。

その他は、関大はやはりチームとしての総合力が高い。

近大も昨年同様、レベルが高い。

今回のタイトルは、その近大のN君についてだ(ニヤリ)。

・・・・・

ここに書こうと思う、と副将棚蚊(仮名、独身、22歳)に話すと

「怖いのでやめて下さい」と涙目でお願いされてしまった。

何が怖いのか。

一年のころの彼なら「悪そうな奴は大体友達」風味が

遺憾なく発揮されていたが、今日の試合でギアが外れそうな相手に対し、

スポーツマンたる態度を示していた。

(ワタクシならニヤリとする所。誠に人間が小さいワタクシ。)

誰とは言わないが、というかワタクシの周りにいたほとんどの人が

「めっちゃ成長したやん!」と驚き、賞賛していた。

・・・・・

彼のボクシングはうちの選手とは対極の「肉食系男子」そのものである。

彼はKGのOBはご存じないと思うので説明すると、

「先輩方の現役時代にいた、当然に倒して勝つ近大の選手」と

書けばわかりやすいかと思う。

試合前にNightーに「Lw、Wくらいにすげえ奴がいる」というと、

「どんなんですか?」ときいてくるので

「えっと、1Rに15発くらいしかパンチ出さないけど、

7、8発は最低でも当てて、そのうちの3,4発はKOパンチ。

相手のパンチはもらって2発くらい。たまに舞空術使うわ」というと

「やってみたいです!」と目をキラキラ(或いはギラギラ)させていた。

しかし、試合後に聞いてみると

「あれなんなんですか、ホンマに舞空術使うじゃないですか!?

アレは無理です!あんなんできないのでフリッカーもやめます」

と珍しく謙虚であった。

永遠の少年、Night-が大人になった瞬間であった。

N君ありがとう。ネバーランドから引き戻してくれて。

・・・・・

面白おかしく書いてしまったが、彼がそういうボクシングをできるのは、

「負けたくない」ではなく、「どついて倒して勝つ」であるからだと思う。

あのスタイルをそっくりそのままうちの選手がやってたら、

「お遊戯か」と笑うだろう。

でも、彼にはそれがお遊戯ではない。

結果の為の最短の方法をもとめているのだから、それでいいのである。

結果の為の最短距離を考える能力は、非常に大切で高い能力だ。

頑張ってるから許すと、いつまでも監督が考えていると思ってはいけないね、

草食系ボクシング部の皆様(ニヤリ)。

byかんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください