『桃太郎』について byかんとく

本日、仕事の接待でゴルフ場に向かう。

ダダ振りだった。

その中でゴルフをするのだから、仕事とはいえ取引先と上司はすごいと思う。

というのも私の仕事は接客だったので、ぬくぬくとクラブハウスで時間をつぶした。

・・・・・

ということで空き時間に昨日紹介の本を読んでいると、機と気づいたことがある。

桃太郎ってすごいのではないか。

とはいえ、剣客でもプロレス漫画の話でもない。童話の桃太郎だ。

リーダーシップとは、コレやれアレやれというものだと、多くの人が思っている。

それも時と場合によっては大事なこと。

仲間になった犬猿雉を上手く使いこなしている。

雉には鬼が島の様子を偵察に行かせたりもしている。

だが、桃太郎がすごいところは、最初に犬猿雉にきび団子を渡していることだ。

海のモノとも山のモノともわからない奴らに対し、何かを与えたのである。

もちろん犬猿雉はそれがほしかったから、結果としてチームが結成できた。

まず何かしらの相手がほしがっているものを「与える」ことにより、

チームの結成にいたったわけである。

とはいえ、使いこなすというと変に伝わるかもしれない。

伝えたいことが別の意図で伝わるのは不本意なので、別例。

・・・・・

同じことが『スラムダンク』(井上剛彦著、集英社)の中でも書かれている。

安西先生や赤城は桜木に対して、最初から最後まで教え続けている。

リョータもポイントを教え、ミッチーは身体を張って奮起させることで感付かせ、

メガネ君は自分たちの立場、歴史を伝え、その過程で流川の覚悟を

桜木は気づくことができたのであろう。

其々の持つアイデンティティーは違いながらも、結果としての爆発的なシナジーを

描き出したからこそ、今でもファンの離れない作品であるのだと思う。

無論、漫画であるから理想ではあろう。

でもその理想が達成したときには、その満足感はこれ以上無いものに

なるのではなかろうか。

・・・・・

指導者、リーダーは安西先生や赤木のように、与え続けることは大切なことだ。

と同時にこの両名の描き方は、試合やワンプレーに対する「こだわり」だ。

安西先生は指導者の立場として、赤城は主将の立場として。

各々が求めるものが最初はわがままなものであっても、

リーダーとして振舞っていく(与えること、教えること、叱ること、使うこと、等)うちに、

その思いが個人レベルを超えて、『断固たる決意』として伝染していくのだと思う。

でも、他の者に「リーダーは与え続けよ」と当たり前に思ってほしいわけではない。

与え続けるのは結構大変なのである。

与え続ける者が、与え続けたいと思うモチベーションがあるのは、

其々の部員は理解していないが何かしらあるのである。

他の部員はそのあたりに妄想を働かせていただきたし。

byかんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください