『単語』について byかんとく

金曜の晩より実家の広島に帰る。

土曜日に地元のツレの結婚式があったため。

式場に向かうと、旧市民球場前にユニフォームを来た群衆あり。

どうやらオープン戦があった模様。

帰りに市民球場前を通ると試合終了後であり、楽天選手のバスを発見。

ボヤキの多い監督の後姿を見る。

ああいう監督になりたいものだ(ニヤリ)

・・・・・

さてさて表題の件。

久々に地元のツレと懇親を深めたわけだが、その際に気づいたこと。

ナウい我が地元は都市の成り立ちからして、肉体労働都市でる。

戦前戦中は、軍艦の街だったので、農家の次男坊以下が多数集まった。

軍政下ではもちろん労働基準法なぞあろうわけが無く、しかも肉体労働、

当然のごとくコミュニケーションの手段は言葉よりも力の比重が高かったと思う。

なもので、気が荒くてもいい文化というのが、醸成されてきた。

・・・・・

なもので、我が地元のツレ(私も含めてだが)は

気に食わないことがあるとすぐに感情的になる。

平気で「ぶちまわす」(関西弁でいうとしばくか、漢字当てると打ち回すか)

とか言う。

これは身の危険の多い肉体労働職場で気が荒く、

身体一つで生活資金を得ていたためだろうと思う。

コミュニケーションしたところで、金にはならず、

周りの人間も学が無い人間(当時の農家の次男坊以下には

学校教育は小学校終了が当たり前だったため)が多いため、

小難しいコミュニケーションノウハウが必要なかったためだろう。

・・・・・

「ぶちまわす」とか便利な単語である。

ほんまに怒っているときも使えるし、冗談への突っ込みという意味でも使える。

他にも「かばち」(関西弁ならアホ、それ以外の地域では馬鹿に相当)

とか、口汚い単語が山ほどあって、それだけで会話が成り立っていた

と思われる。というのも、我が祖父は非常に口が汚いからの推論。

人間というものは一つ便利なものを使い出すと、その生活からの脱却は

よほどの環境変化が無ければ難しいものだ。

携帯電話を紛失すれば、無かった時代と同じように振舞うのは

結構骨が折れるはずだ。

・・・・・

単語というものも同じことだろう。

英語自体は中学英語の単語レベルで、英語圏の人間とも

そこそこの会話ができるはずだ。

しかしながら、それはやはり初歩の初歩。

だからこそ、TOEFLとか英検とかでも英単語を覚えていくのだろう。

そうすることで、自分の気持ちに近い単語を発せられるようになる。

GOODとBADの間にはいろんな感情もあるし、

比喩の仕方も様々あるわけだから。

だが、日本語の単語を新しく覚えていくというのは、意識していない。

大人になるということは、大人しく聞いておけばいいということではない。

必要であれば、自分の主張をきちんと相手に伝えられる人間のことだ。

そういう意味で、感情も相手に伝えるための言葉を覚えるべきだ。

ただの感情的な奴、変な奴と思われないためにも、

自分の気持ち、改善する点などがあるならば、それをどう伝えるか

まずは単語を覚え、状況に合わせた言葉を使っていくべきだ。

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください