2月中旬の紙面から byかんとく

昨晩は12時間寝た。

19:30~7:30。

恐ろしい睡眠時間である。

先週は飲みすぎたからか、おかげで元気溌剌である。

・・・・・

さて、表題の件。

本日出勤し、朝刊を見ていると、下記のような記事発見。

面白いので書いてみよう。

・・・・・

「京大、東大筋肉対決。

初の全学対抗戦、6月から27種目」

(読売新聞大阪セット版、2/14朝刊35面)

セット版とは近畿二府四県主要都市エリアと考えていただければいい。

夕刊が配達される地域ですな。

ちなみに夕刊配達が無いエリアを統合エリアと呼ぶ。

我らには関関戦があるが、最高学府の2トップが対抗戦をするらしい。

頭だけでなく身体まで鍛えられたら、社会人になったときの

我々が勝つ部分はどこや?

対抗するためには、文武双方+人間関係構築に関して

ますますの精進がひつようですな。不惜身命。

・・・・・

北京五輪銅メダリスト朝原宣治選手のインタビュー。

「-バトンパスの上手さに定評があるように、日本が世界で戦うには

チームワークが武器になると思いますか。

『チームワークは助け合いではなく、ここがしっかり仕事をし、

上手くかみ合うことで生まれる。その上で、やってきたことへの

自信や信頼関係が大きな力を引き出します』」

(同2/16夕刊10面)

私が前に書いた箱根駅伝の項と、日本陸上会のカリスマが

同じ事を言っていると思う。ちったあ信じたか、エッヘン。

・・・・・

まあ新聞に限らず、情報収集の方法をひとつに限らず、

いろんなものに目を通すスタイルを、身につけたほうがいいと思う。

就職活動に関しても、情報収集は偏ったらよくない。

まあいないとは思うが「みんなの就勝」サイトばかり見ていては

情報に流されるだけだろうに。

・・・・・

ボクシングに対しても同じことが言えるよなあ。

背が低いからファイター?じゃあこの前のぱっきゃ夫が

なぜデラ保谷にアウトボクシングしたのか説明してみよ、である。

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください