『中大・新人合宿初日2012』について byかんとく

お疲れどす。

昨日は『スポーツ選抜入試対象者』にどう接するか、の説明会。

初めて知ったが、どうやら関学には『スポーツ推薦』という概念は無いようである。

今までは当たり前にスポーツ推薦という単語を使っていたが、

あくまでスポーツでよい成績を残した選手で、学問にも意欲のある者を

合格にするというシステムである模様。知らなかった。

つまり、いくら全国大会で優勝していようと、勉強する気の無い子は

学部ではとらないよ、ということであるわけです。

ということでここに書いておきます。

:::::

16:00から中央大学の4月新入生6名と神戸学院の2名、

うちの4月新入生3名を交えて練習会。スパーリングも実施。

新入生のなかには、本来の動きではない選手もいたが、

これは高校の競技を終えて間が空いているので、仕方ないかと思う。

案外、うちの選手が強かったのでビックリした。

というのも今の幹部学年が、いかに良い結果を出すことに熱心であるからだと思う。

そういうものは拡散する。

逆に態度の悪い奴の思考が拡散することを、「腐ったみかんの理論」といったりもする。

4月からの予定に関して、いつもどおり日曜日をオフにしようと思っていたが

どうやら土日とも練習にしたいようである。

その姿勢はうれしいことであるが、週末に家にいないということが、

かんとく家のバルカン半島にならぬよう、嫁への外交戦略が必要になった(にやり)。

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください