ボクシングの基本12『コンビネーションの覚え方』 BY かんとく

最近ボクシングに関連のない随筆が多すぎて、

基本項目の更新が遅れている。

申し訳ない。

・・・・・

まるで通信教育のようなこのボクシング講義で

教えられるようなことは、大体書いたような気がしていた。

結局面と向かって出ないと教えられないことが、ほとんどを占めるわけだが、

今回はコンビネーションの打ち方について。

勿論、個々の打ち方については其々の体格やら性格やら

いろんな要素があるので、道場で教えるとして、

教えられたことを早く覚える方法を書いておく。

・・・・・

さて、一番の早道は結局、反復だ。

それを言っちゃあお終いよ、という話でもあるが、少々お付き合いを。

昔、『ベストキッド』という映画があった。

いじめられっこダニエルさんが、空手の達人ミヤギに出会うことで

成長していくというハリウッド青春映画だ。

(余談だが、ミヤギ役はパット・モリタという日系人で、薬師寺とか戸高とか

世界チャンピオンを何人も育てたマック・クリハラの従兄弟らしい。

薬師寺の世界戦みていて、「ミヤギがなぜ?」とおもったほど似ている。)

・・・・・

いじめられて駆け込んだダニエルさんに、ミヤギが教えるのは

空手の基本からだったが、教え方がユニークだった。

教えてやるというにもかかわらず、「ダニエルさん、ワックスかける

。ワックスとる」

「ペンキ塗る。ペンキ塗る。」だけである。

どう考えても雑用である。同じ事を私が言ったとて、さすがに大学生の

うちの選手は反旗を翻し、ハンガーストライキでもすることだろう。

・・・・・

で、いじめっこにからまれるダニエルさん。

そのときに、ミヤギさんは近くにいるのに助けてくれない。

「ダニエルさん、ワックスかける、ワックスとる」とか言っている。

下手したらボケ老人だ(失敬)。

でもこれで、ダニエルさんは相手のパンチを受け流す。

なぜか?理由はひたすらやらされたことにより、体が覚えたからだ。

(ついでに「ペンキぬる」は相手の回し蹴りを受けるため)

・・・・・

同じ動作をひたすらやるというのは、人間嫌なものだが、

結局、ボクシングの基本は科学的には正しいが、動物の動きと相反している動きだ。

大体、ボクシングを始めるとはじめた後の方が、始める前より弱くなる。

それでも反復して練習するうちに、以前よりシャープに動けるようになる。

そこまでやらなければ、結局やらないほうがマシともいえる。

・・・・・

さて、反復の大切さは理解したと勝手におもっておくとして。

それを試合に活かすためには、流れを通して練習することだ。

何かちょっと練習したことを、試合で出すのは勇気がいる。

相手だって打って来るからカウンターにならないか、頭以前に体が考えてしまう。

そうならないためには、

1.ゆっくりした動きでひたすらシャドー

2.出来るかなと思ったらスピード上げてシャドー(出来なかったらまたゆっくり)

3.ある程度できるようになったらミット(開いてる部分がないか相手に見てもらう)

4.サンドバッグに打ち込む(パンチが乗っているか確認)

5.弱い相手にマスで試す(いきなり強い奴にやっても失敗するし、

失敗したら自信を失うから、まずはタイミングを弱い相手で覚える)

6.スパーリングで試す。

7.だめならまた1~5に戻ってスパーリングで試す。

8.試合で出す。

以上、非常にわかりやすい流れだ。

参考に。

BY かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください