『コミュニケーション』について BY かんとく

関学ラグビー部が51年ぶりに優勝した、と本日朝刊で確認。

すごい。私が大学生だった10年前はCリーグだったので、

こんなに早くAリーグで優勝するまでになるとは、思ってなかった。

ラグビー部の皆さん申し訳ない。

・・・・・

このの優勝は、大学としてかなり力を入れていたことも、勿論関連していると思う。

が、だからといってセレクションをとれば、勝てるという競技ではない。

ラグビーは非常に厳しい競技だ。

ここの力だけでは勝てないし、組織力だけでも勝てない。

コミュニケーションが非常に重要なことはいうまでもない。

・・・・・

だが、コミュニケーションとは一体なんだろう?

なるべく話しかけるというのはコミュニケーションの基礎だが、

それだけでは結局、仲良しクラブで終わってしまう。

おそらくほとんどの大学生は、仲良しクラブのコミュニケーションしか

経験していないんじゃないかと、ちょっときつい事をいってみる。

・・・・・

部活動でのコミュニケーションとは、その根幹に『目的意識の共有』がなければならない。

じゃあなければ、仲良しクラブからはなかなか抜け出せない。

『目的意識の共有』とは結局のところ、勝ちにこだわる姿勢だろう。

これを1回生同士でというのはなかなか難しい。

やはり上級生が、それを教えていかなければならないとおもう。

・・・・・

勝ちにこだわる事をどうやって教えられるか。

これは非常に難しい。なぜならばマニュアルがない。

相手に伝わる方法を、相手との話を通して自身で気づいていかなければならない。

とはいえ、私にだって上手いこと教えられない選手もいる。

というか、本当に伝わっているのかは結局のところわからないんだけれども。

・・・・・

ひとつによく言われるコミュニケーション、話しかける姿勢がまず大事だろう。

そうすることで、相手がこだわる部分に話しかけていくほうが、話が早い。

だけれども、残念ながら、うちの部員の場合、それが当たり前に出来る選手は少ない。

でもまずは、それでいいと思う。

なぜか。

理由は、言葉はつたなくても、本気で伝えようとする意思があれば

相手が言わんとすることが伝わる場面ってのは、結構あるからだ。

・・・・・

例を出していおう。

例えば、外国人に話しかけられたとする。

日本語はつたない単語レベルだとしても、相手が必死に伝えようとして、

自分が何とかしてやりたいという衝動があったのならば、

なぜか、なんとなく話が伝わることがある。

・・・・・

逆に言えば、その意思伝わってなければ、どんなに言葉が上手くとも、

肝心の部分が伝わらないことはありうる。

例えば、電話やメールでの伝達は、文化の違う外国人からでは

正確に相手の意思が伝わらないこともある。

・・・・・

つまりは、こだわっているということをまず伝えたらいいと思う。

勿論、上級生になればいろんな経験を通して、状況の対処の仕方も

勉強してきているはずだ。それを応用しよう。

チームで勝つ喜びは、結局今までの部での活動を通して味わったものだろう。

だったら、上級生はそれが少ない下級生にその思いを、

工夫をもって伝えられる様になってほしい。

BY かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください