ボクシングの基本11『ラッシュ時スタミナ』 BYかんとく

本日、ホームページをみた若人よりメールあり。

大学卒業してからでは、なかなかできない競技であろうし、一度見学に来たいとの事。

興味を持ってもらえて、ありがたい。

スポーツは数あれど、ボクシングは「真摯に取り組まざるを得ない」競技だ。

当たり前のことだが危険が付きまとう。

だがだからこそ、「危機管理能力」がつく競技だと思う。

 この能力は身につけようと思っても、何かしらのシビアな空間を

一定量以上の経験していかなければ、身につくものではない。

この能力がないために、或いは考えが甘いため、昨今やたらと

破産する企業が多い気がする。

・・・・・

さて、表題の件。

ボクシングのスタミナとはなにか?

以前「LSD」について書いた。流行のお薬ではない。

「LSD」は一般的に、ジョギングだと思ってもらってもいいかと。

・・・・・

「LSD」を私がしなさいというのは、動物としての基礎体力をつけるためだ。

現在の若者は、生まれたときから自動車があるため、或いは自転車があるため、

基本的にある程度の距離以上ならば、それらを使ってしまいがち。

そして、クーラーの聞いた部屋で受験勉強して、大学入学。

(現在では公立校でも、クーラーがあると聞く。

なんだったんだろう、ひたすら暑かったという記憶のわが高校生活。)

これでは基礎体力がつく空間がないともいえる。

だからこそ、私はLSDにこだわっているのだ。

これが出来てはじめて、ボクシングを始めてもいいといえるからね。

・・・・・

話が横にそれた。

スタミナの件。

ボクシングに必要なのは、まず第一に試合中ずっと動き続ける能力。

これはLSDで強化できる。

だが、それだけでは、大方のうちの選手のように、マラソンボクシングになってしまう。

そこで今の現役諸君に取り入れてもらいたいのは、やはりダッシュだ。

関東の大学遠征時、並びにOB会長に報告に行った際、

全く同じアドバイスをいただいたということもある。

・・・・・

この練習が何に有効かというと、「ラッシュ時のスタミナ」と思ってもらえればいい。

試合中にずっとワンツーだけでいいという試合は、数少ないはずだ。

大概ちょっと攻めると慣れていないため、ガス欠を起こすと体が記憶しており、

そのためカウンターをぼこぼこ食らい出したり、或いは攻めきれないボクシングが多い。

それしか出来ないから、同じリズムで攻めざるを得ないから、そうなる。

ある程度せめて、相手がスタミナが下がってきた際には、後半で挽回できるが、

遠征で自分をボコボコにしていただいた選手を、思い出してほしい。

彼らはラッシュをかけて、その後もいけると思えば、攻めて続けてきたはずだ。

怖かったろう?

・・・・・

それを練習するにも、やはり心肺機能に負荷をかけて、

体が自信をつけていなければ、いざ試合の際は出来ない。

浄水場あたりでガッツリダッシュを行おう。

もちろん、一人では本来の力は引き出しにくい。

怠けないように、3人以上で徒党を組んでやってみよう。

やり方については主将に要相談。

とりあえず2日に1度の割合でやってみてくれ。

BY かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください