関東遠征を終えて BYかんとく

昨日、まさに日が変わるころ家にたどり着きました。

いやはや、3連休を男ばかりのむさくるしい軍団の

お守りをしますと疲れ申した。

とりあえず、いい意味でも、悪い意味でも旅行じゃなかったと思います。

・・・・・

やはり、まずお世話になった方々にはありがたい限りです。

もし、このHPをご覧になっておられるならば、再度お礼申し上げます。

22日明治大学、23日立教大学、24日中央大学。

伝統があり、強いチームの胸をお借りできたことは

現役選手とともに、私自身にも大きな刺激になりました。

また各大学の指導者の方々のご配慮により、

東洋大学の対馬監督、矢尾板様、帝京大学の平本監督、

慶応義塾大学の江頭コーチとお話させていただく機会をいただきました。

おそらく一番刺激を受けたのは私だとおもいます。

・・・・・

各チームの選手は素人軍団のわが選手に、新たな技術を授けてくださり、

各チームの指導者の方々には、指導者のあるべき形をご教授いただきました。

また、明治大学の坂田君は人間的に大きく成長していましたし、

立教大学の松丸君は、大学から始めてもここまでできるんだという希望を

わが大学の初心者軍団に与えてくれました。

中央大学の佐藤君はボクシングとともに、行動の一つ一つにおいてもスポーツマンは

かくあるべきというお手本ともいえる選手でした。

先だってのこの随筆に「友遠方より来たるあり、また楽しからずや」と

記述しておりましたが、「友の下へ来たるあり、楽しからずや」でした。

今まで接点のなかった先輩方からも、ボクシングという言語を通して、

面白く、かつ考えさせられる内容のお話を、拝聴させていただきました。

ありがとうございました。

今後とも、関西学院大学ボクシング部をよろしくお願いいたします。

BY かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください