『マスカラ』について byかんとく

本日、久方ぶりのプロレス会。

プロレス会とは名ばかり、SOGO格闘技、大日本相撲、刑-1(左記すべて仮名)と

ボクシングなどで誰がイケメンかなどの戯言を。

ボクシングで言えばまあデラホーヤだろう、と私見を述べる。

ほかの意見はアルゲリョもあった(まあ納得)が、パックマンは馳浩だと釘を刺す。

相撲=寺尾、納得。

刑-1=まさと、河豚、まあ納得。

プロレスではなぜかマスカラスの名が。

それは顔じゃねえだろうが、スタイルだろうが。

・・・・・

というわからん人間にはまったくわからない単語を書きながら、

本日帰ってきてからメールを見ると関関同立戦について、関係諸氏よりメール有。

いろいろ大変のようである。

そう考えると、うちは単純でわかりやすい。

『おもしろき こともなき世を おもしろく すみなしものは 心なりけり』

でいいんじゃないでしょうか。

そう思わんと、チャレンジャーの立場なんてなんもおもんないって。

関大の熱血コーチに捧ぐ。

by プロレスの話(裏話を含め)をいろいろ聞いていると

やっぱマッチメークってみりょくあるわなあ、とおもうかんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください