『電話』について byかんとく

新婚旅行に行ってたハワイにて。

3日目の夜、北尾トロの『君は他人に鼻毛が出てますよと言えるか』(幻冬舎)

を貪り読んでいると、電話が鳴る。

「Can-talk? I’m Minn. I wan’na meet you tomorrow noon. 」

急ですな。

吉河先輩から「ミンさんから連絡あるかも」と連絡を受けていたとは言え、

それは急すぎるだろ。「昼は予定がある」というと、「じゃあ早朝」との答え。

嫁にじゃあそういうことでいいかを確認すると

「佐々木さんと一緒じゃない!何でボクシング関係者は強引な人が多いのよ」

という。ごもっとも(にやり)。

・・・・・

ということで、ご立腹の嫁をなだめすかして、朝ホテルのロータリーで待ち合わせ。

ミンさんの車に乗せてもらい、一路”LikiLiki”へ(ま、ファミレスですな)。

なかなか面白かった。

ミンさん曰く、「アメリカ人は朝飯と晩飯の量が多い、

昼飯はちょっとだけ、サンドイッチぐらいだ」

実際88歳の高齢にして、卵二つにご飯、ベーコンの焼いたの4切れ、

ソーセージ4切れ、パンにバターとジャムを塗って2切れを食していた。

これぞテレビで見たことのあるアメリカのBreakfastであった。 

食えるから高齢でも元気なのか、元気だから食えるのかわからんが。

・・・・・

その後ドライブにて、アメリカ軍の戦没者合同墓地に案内してもらった。

広く、そして手入れの行き届いた美しいところであった。

ミンさんの二人の兄も入っている、という。

戦争が当たり前の国家だから、そこまでの手入れをかかさないのか、

死者を悼む気持ちが深くありながらも、戦争とは縁が切れない国なのか。

日本人における“靖国神社”に向ける思いと形とはちょっと違うものに見えた。

とは言え、数度あっただけのワタクシのために、時間を割き、

案内をしてくれたこの老齢のハワイアンに感謝しつつ。

Mahalo,Mr.Minn.

minnimg0152.JPG

↑ 88歳にして愛車のベンツをかっ飛ばすミンさん(右)。

by 左側の犯罪者、かんとく

【追記】ミンさんは関学ボクシング部OBの納谷さんのアメリカでのトレーナー。

ミンさんは陸軍でもボクシングを教えていたことがあり、その教え方は

「銃で打たれたら死ぬ。パンチも一緒だ。もらわずに打て」である。

嫁と納谷さんをお見舞いしましたが、あまり体調もすぐれない

様子であったので10分で退席。

ちょっとでも弱っている姿を見せるのがお嫌いであろうと推測し

一緒に写真は撮りませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください