『マリアの卒業スパーリング』について byかんとく

7月に帰国するマリアのスパーリングの様子を、某新聞社に勤務の方から送ってもらった。

マリアの記事は『ボクシングビート』にも載る可能性があるようで。

・・・・・

ボクシング部に昨年9月入部したノルウェーからの女子留学生マリア・オールボ(22)の

「卒業スパー」が7月2日、京都府精華町の南京都高で行われた。

パートナーを務めてくれたのは全日本女子選手権フェザー級を6連覇し、

昨年7月に引退した水野知里さん(28)。

ボクシング部OBがエディ・タウンゼント賞トレーナーの六島ジム・藤原俊志トレーナーに

仲介を依頼し、実現した晴れ舞台だった。

オールボにとって2分4回は初体験だったが力強いワンツーで攻め込む場面もあった。

前夜はスパーをどう組み立てようかと考え、3時間しか眠れなかったと言う。

ただスタミナ切れもせず、終了ゴングを聞いたオールボは「暑かったから大変。

でも楽しかった」と笑顔を見せた。

母国では馬術、ブラジリアン柔術に励み、来日した関西学院大でも格闘技を中心に

体育会を見学。

「練習中によく声が出て活気があった」と好印象を抱いて入部した。以来10カ月。

「そんなに短い競技歴とは思えない」との声が会場で漏れたほど、

上達した腕前を発揮した。

水野さんも「よく前に出ていた。力を抜くことなく終了ゴングまで動けた。

次は防御を磨いてほしい」と評価していた。

ボクサーだった父タリエさんら家族が待つ母国には7月20日に帰国予定。

首都オスロで大学に復学し、ボクシングも継続する予定という。

maria-vs-champion.JPG

↑ 水野さん、お相手いただきありがとうございました。

 ならびにスパーリングの機会をいただいた関係者の皆様に、厚く御礼申し上げます。

・・・・・

思えば、黒髪の男ばかりの中に、金髪の美女というのもいかがなものか。

その中よく練習についてきたと思います。

ノルウェー帰ったら、欧州選手権出ることを期待しておこう。 

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください