『名前』について byかんとく

昨日リーグ戦にいけなかったのは、丁稚先の同期の結婚式があったため。

幸せそうであった。

結婚式の端々に出てくる両家のご両親の様子を垣間見ると

涙がちょちょ切れそうになるもんである。

結婚式というのは、結婚する当事者のための式ではないように思うようになった。

・・・・・

それはそれとして新たな発見。

結婚式の座席表を見ていると、“はるひ”なる名前を発見。

あー“最近の名前”でありそうな名前である。

そして“新郎の祖母”となっている席に“キクノ”なる名前を発見。

うむ、大正浪漫が漂う名前である。

とここ二つを並べて気づく。

最近の名前、特に女の子はどうも平仮名にするのが

流行っているのではとの仮説。

たとえば人気の名前“陽菜”は“ひな”でもありそうである。

間違っても自分の子供の名前に“ヒナ”とつけてはならない気がする。

なんとなく“雛”を想像させるからでもあるが、どうも片仮名というのが

現代の名前っぽくないのかも。

上述の“キクノ”ばあさんだって、“きくの”とするならばなんとなく現代風味。

そういう意味では昔の女性の名前として有名な、“ウシ”、“イネ”、“カマド”なども

“うし”、”いね”、”かまど”にすればどうか。

なんとなく現代風味なこの名前、どなたか我が子の名前にどうぞ(にやり)

by カントク(大正浪漫風味)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください