『震災を前に思うこと』について byかんとく

やはり地震の影響で、仕事が忙しくなっている。

日本の中枢である、東京への影響力が甚大ということが大きな影響であろう。

まあ、耐えるしかあるまい。

被災者の心情を鑑みるに、それこそゴールが見えない状況だ。

それに比べれば、われわれの日々の業務など、ある程度ゴールが見えるもの。

・・・・・

今回の津波の影響。

本当に被災者は悲惨な状況を想像すれば、胸が痛む。

津波が来るらしいぞ、だから2階に避難しよう、という考えは、

我々一般庶民にしてみれば、ごく当然なものだと思われる。

まさか、2階以上に達するほどの津波。

これを想像して高台まで逃げた人がどれだけいただろう。

高台まで逃げた人は、たまたま近くに高台があるから逃げた、という人も多いと思う。

津波が繰るなら外は危ない、だったら家の中で上へ移動しようとおもうのは、

ごく自然な考え方であると思う。

前から書いているが、私の実家は港町。

学生は嫌で仕方なかったはずであろう、急な山に上るランニングを

実施できるあの街は、海から山の距離が異常に近い。

ということは、津波が来れば岸壁に当たった津波はその勢いから

少々の堤防などものともせずせり上がって行く。

しかし、幼少のころ、地震が起きたとしても、肉親、あるいは近所の人々から

山の上まで避難しようという話を聞いたことがない。

・・・・・

同時にどれだけの人が避難する際の備品を用意できているだろう。

実は私の家にもない。

あるとすれば、一人暮らしが長かったから、簡易コンロ用のガスボンベが数本と

レンジでチンするご飯類、即席ラーメンくらいだ。

それも生活レベルが向上してくれば、いらぬ油分はとらず、

よりおいしいものが食べたくなるため、最近では冷凍うどん、棒ラーメンなどに

シフトしているのが現状。

人間はそうやって、野生というか、危機意識を失っていくものかもしれない。

現代の日本で、こんな悲惨なことがなければ、

我々は自分の人生が永遠に続いていくものと錯覚する。

が、人生はいろんな意味での偶然の産物、偶然の僥倖の下に成り立っている。

生き残るためになにをするか。

言うはやすし、が行動に直結させることは実は本当に難しいのかもしれない。

とりあえず、私が思うこと。

避難用具を用意するとともに、そこにサバイバルの本を忍ばせておこうと思う。

たとえ、ワタクシが何かあったとしても、近くにいる人が生き残るための

ひとつのバイブルになる可能性もある。

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください