『ランキング』について byかんとく

新聞を見ると、就職ランキングが載っていた。

毎日コミュニケーションズの集計。

文系学生のセレクトでは、旅行業界がトップテンに2社入っている。

仕事をしている立場から見れば大変だと思うが、学生には魅力があるのだろう。

そう思うと理系学生は、非常に現実的な企業のセレクトをしているように思う。

学生時代によく目にしたものに関して、選ぶものなんかもしれん。

かつてはそういう意味で、消費者の目に触れにくかった商社が

落ち目産業といわれてた時期もあるし、

これからはITだの、コンサルだのというものが流行った、

ワタクシの就職活動時期には、鉄鋼なんて誰も目を向けてなかったが

やはり鉄は国家なり、このごろ持ち直し、一気に向上した感がある。

そういえば、今は斜陽産業の趣がある某国の国技なんてのも

みんなが目を離す現状であるからこそ、ある意味ねらい目かもしれない。

中盆とか専門技能を身につければ、ランキングチャンピオン以上に稼げるらしいぞ(にやり)

by かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください