『世間体』について byかんとく

本日、酒を飲みながらの話。

結婚式での出会いの紹介についての話になる。

何某氏「結婚式で出会いの紹介ってあるじゃないですか。

     例えば司会が言う、出会いが”友人の紹介”だったりするでしょ?

     あれって、結局、合コンで知り合ったってことじゃないですか?

     そういう意味で、”人に説明するときに恥ずかしくない”出会いって

何ですか?」

ワタクシ「あとよくあるんが、上司の紹介は”二アリーイコール、見合い”だし、

     一目惚れは、”ナンパ”の言い換えであろう。」

何某氏「で、”恥ずかしくない”出会いはですか?(怒)」

ワタクシ「やっぱり”大学時代から付き合ってて”っていうのが、

     自然でピュアな感じがするわなあ。あるいは、久々の再開とかか」

何某氏「はいはい」

ワタクシ「図書館で本を選んだ本を取ろうとしたら、

     女性も一緒のタイミングで取ろうとしていて、指先が触れ合うなんかどう?」

何某氏「・・・・・」

ワタクシ「黒髪の知的な美女だったらええなあ」

何某氏「妄想かい!」

by 読むとダメになる空想仮定小説の得意な、かんとく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください