関西学院大学ボクシング部

TOP > 活動報告 > 『spontaneous』について byかんとく

『spontaneous』について byかんとく

本日の朝刊、テレビ番組表に「近大ボクシング部復活」の項目を発見。

リーグ戦に来場できなかった方に説明するするには、やはり写真が有用か。

p1000986.jpg

↑ いつもの2階の控室。

p1000989.jpg

↑ いつもの試合会場。反対側にもテレビやら新聞社のカメラ多数。

こんな様子だったので、目当ては赤井さんなんだろうなあ、と思っていた。

(13日のA新聞の社会面、やっぱりメディア映えのする赤井さんのセコンド姿)

・・・・・

という事で、本日のテレビ、ちょろっとでも写ってねえかなあ、と思い

嫁に録画を依頼(ただし我家には録画機器はないので、嫁の実家へ)。

1秒ほど写っていたようで、嫁からメールが来ていたが、それはさておき。

この番組では浅井監督に焦点があてられていた。

真摯に取り組みつづけてきた彼の姿勢というモノに、

メディアの人たちの中にも、何かしら心を動かすものが沸いてきた結果だろう。

言うまでもないことだが、そういう姿勢、いつも感服しておりました。

同じ立場になったなら、ワタクシには彼のような行動はできなかったろう。

今回は前提があまりにも悪すぎるところからのスタートだったが、そういう意味で、

関西リーグとしても、今後はもっとメディアとの関係を構築していく必要はあろう。

・・・・・

とは言え、やれるところからしかできないので、まずは自前メディアの宣伝。

p1000991.jpg

↑ 五輪を是非とも東京へ!大学王座を関西へ!(無論毎年は無理だが)

喜捨1万円ほどして、1冊のリーグ冊子をもらうと、株価高騰の恩恵に預かれる、か?

もちろん、500円からOKです。

p1000992.jpg

↑ 恵まれないボクサー達のための寄付金集めに、人身御供とされた関大生二人。

さあ、そこの善良なるボクシングファンの方々よ。

恵まれないボクサーのために寄付しようという気持ちが生まれたかな?

by かんとく

13.5.16. up