関西学院大学ボクシング部

TOP > 活動報告 > 『Fire』について byかんとく

『Fire』について byかんとく

数日前に書いていた『少額』の件、ここに詳細を発表。

大したことではないのだが、嫁が例のバイト先

(関学の正門近くにある洋菓子屋)をクビになった様である。

“様である”というのも、先月末のバイトが終わった際に

「あー、来月の予定はこちらからまた連絡しますね」と言われたのと、

「給料に関しては3月10日までに払いますからね」と何度も言われ、

その後連絡はなかった、という事からである。

・・・・・

嫁本人もどうやら店長と性格的に合わないか、嫌われているという事を

うすうす感じていたようなのだが、まあ丁稚であるので言われた作業を

やっていたという事であった。

仕方あるまい、初めての職種でバレンタインデー前の時期である。

本当に忙しくなる2月はどうやら一人ではまずいと思ったので、

バイトさんとしてうちの嫁を雇ったようなのであるが、

その後、「タダでもいいので、働かせて」という奇特な大学生が現れたことで

嫁は不要になった模様。そりゃ毎日入れるわけでもない未経験は

いらんと思ってもワタクシはそれに対してはそれはそうだ、と思う。

因みにブログには今、即戦力は求めるという文章アリ(確認シタ)。

・・・・・

そう思うのだが、どうもやり方が気に入らなかった。

店主ならきちんと「クビの時はクビだ」というべきである。

そう思うのは、ペラペラの服を売ることに関して日本一有名な企業について

色々聞くからかもしれない。

本来ならば雇用に関して言えるのは、クビ(店側からの解雇)の場合は

1か月前に通達するか、1か月分の給料を払うのでやめてもらうという事が

労働法上、決まっている。

うやむやにすることは雇用上はグレーであり、人間的には真っ黒だ。

(企業で自己都合退職にもっていく会社はブラックと呼ばれる)

・・・・・

おかしいと思うので裁判の準備をしていたのである。

3月7日に『少額』のネタを書いたのは、8日に振り込まれなければ

約束が違うじゃないかと言える要素が増えるからである。

(9日が土曜、10日が日曜だから)

それが叶わなかったので、非常にカナシイ。

せっかく西宮の労働基準監督署にまで、事前に連絡しておいたことが無駄になった。

ただバイトで雇われる際、契約の紙切れ無いことが労働法上、

問題だと教えてもらったことだけでも、電話した甲斐があったというものである。

そういう知識を使うかどうかは別にして、やっぱり知っておいた方がよろしかろう。

但し学生諸子がこの事をバイト採用時に偉そうに披露して、

雇われなくてもワタクシには関係ございません。

あ、書き忘れてたけど、当然、1か月分の給料は上乗せされていません(にやり)。

by ところでなんでタイトルが“Fire”なのか、明日頭のいい阪大さんが来る前に

うちの英語が苦手そうな学生にテストしてみようと思う、かんとく

13.3.15. up