関西学院大学ボクシング部

TOP > 活動報告 > 『彼岸』について byかんとく

『彼岸』について byかんとく

昨日、同期3名と、2つ下のマネージャーで冨士君の仏前へ。

2010年11月に亡くなり、はや2012年3月である。

30を超えると各々身のまわりの変化もある。

冨士君のご両親にも我々だけでなく、かつて冨士君を

見舞った者の近況などをお伝えした。

誰は社会人として立派に○○をやっている、某は××をというお話をすると、

かつて会話のことを懐かしく懐かしがっていらっしゃいた。

:::::

日本連盟もこの4月からボクシング競技開始の際に、

脳内のCTまたはMRIの受診を義務づけることになった。

これまで競技していた者も、この度この受診を受ける必要がある。

この受診はいざダメージを受けた場合に、すでに存在しているCT或いはMRIで

正常時の脳内状況と比すことができ、迅速な処理が可能になる。

以前に比べれば、難しい状況に陥る可能性をより小さくなったはずだ。

しかしながら、これで100%ダメージを抑えられないことも事実。

自分たちにできるのは、基礎体力と技術の向上をはかるしかない。

体力・技術が以前の部員よりも低下し、ダメージ耐性がなければ、

運用の改善も用をなさなくなってしまうのである。

by かんとく

12.3.21. up