関西学院大学ボクシング部

TOP > 活動報告 > 『準備って何?』について byかんとく

『準備って何?』について byかんとく

本日は、神戸バレンタイン・ラブラン開催。

ハーフの優勝タイムは1時間15分ですか。

たとえ長距離経験者でも、日々地道にトレーニングを積んでいないと

出せないタイムである。

特別協賛・日本ハムということで、優勝商品は7.5kgの骨付きハム。

疲れたから身体で持って帰るの大変そう。

なにはともあれ、おめでとうございます。

・・・・・

それはさておき。

一昨年参加した際のタイムは、当日完走証とともに配布されていたが、

近年のマラソン参加者の増加のためか、今年は後日送付とのこと。

3回生については、きちんと準備をしてきた結果のタイムであるのがわかったし、

それについては、よくがんばって準備してきた、という以外の言葉はない。

参加した1回生も、初ハーフにしてはよく頑張ったとおもう。

・・・・・

が、残念なこと2件。

全員のタイムの把握はまだできていないのだが、

中には”本気さ”というものを感じられない者もいた。

今までの身体能力的なものを見てきているのだから、

どの部員ならどのくらいのペースで走るだろうという基準が、ワタクシにはある。

たとえば、ハーフマラソン初参加の1年生が1時間40分台で走ったのなら、

それはやはり「よう頑張って走ったな!」と思う。

が、普段長距離の速い人間が2時間切るペースで走っていたら、

それは準備ができていないということに他ならない。

なぜなら2ヶ月間、週1回休みを持つとして毎日10km走っていれば、

LSDなどの遅いペースであっても、レースになればそれに応じた走りになるはずである。

それが感じられない走りをしている者もおったわけである。

前々からここでもくどい程書いているし、口をすっぱくして言っていることが

通じていなかったのだと思うと残念だ。

残念さ加減に付け加えると、もう自主トレ期間とかないほうが良いのだろう。

どこにいてもできるはずのランニングという物の、練習時間さえ作り出せないわけである。

残念ながら試合のシーズンが終わっても、みんなで集まって走るしかあるまい。

放っておいたら、体力がつかないんだから。

・・・・・

もう一点は、何度も言っているはずのこの大会に、登録をしていなかったものがいたことだ。

別に腰や膝という、ランニングで悪化する可能性の高い箇所に怪我をしているならば、

無理を押して走れとは言わない。

が、そういうことがあるわけではなく、仮にあったとしてもその報告を誰にもしていなければ、

それはいったいどうなのだろう。

ほかの人間が準備をしているにもかかわらず、そんな状態でおる部員がおるとすれば

周りに与える悪影響(テンション下がる)を考えれば、百害あって一利なしだ。

そういうあたりのことが理解できていなかったのであれば、大変なことであるし、

逆に上回生もしっかり教えておかなかったという点、非常に問題がある。

もう一度、部活動というものを、立ち戻って考えてみるべきである。

・・・・・

残念だが、上記の件について、現状では本来あるべき最低限のレベルに達していないので

来週はジムワークを休止し、ロードワークに出させます。

もう一点、上記2件で問題と思える学生は、

今後無期限試合出場ならびにスパーリングも禁止。

4月頭実施になるであろう、関関戦までもあまり時間がないが、

こういうことは放置していたら、それこそ事故や問題につながりかねない。

また、後々の部の体制においても、大きな不安を残すことになる。

昔、大事な書類を出し忘れて、2部で優勝したにもかかわらず、

入替戦を辞退しなければならなかったこともある。

そのことを考えてほしい。

by かんとく

11.2.13. up