関西学院大学ボクシング部

TOP > 活動報告 > 『嬉しい、楽しい、大丈夫?』について byかんとく

『嬉しい、楽しい、大丈夫?』について byかんとく

本日、新チャンピオンの誕生を現地で目にした。

本人もさることながら、関係者の尽力の賜物であると思う。

非常にうれしいことである。

・・・・・

その場に立ち会えたのは、某OBからチケットをいただいたことからであり、

感謝の念でいっぱいです。

某スポーツ新聞のTさん、ありがとうございました。

楽しかったです。

・・・・・

その後、ともに会場に行った方々と会食。

ここでも紹介したことのある、元プロのかっちゃんのトレーナーFさんと

ボクシング好きの尼崎在住の女史と、

主将とともに塚口で焼肉を食す。

この焼肉のために、部員の練習を見ながらワタクシはスクワットを1200回程していた(にやり)

・・・・・

Fさん自身も元プロであり、かつその後にマラソンとかトライアスロンなどもしていたため、

(フルマラソンのFさんの自己最高記録は3時間3分だとのこと。すげえ)

非常に筋力、持久力、あとは練習を持続していくことの大切さを

理解し、それを伝えることに骨を削ってきた指導者であるので、

会食事にお伺いしたお話は大変ためになった。

あの、普段人の話を聞いているのか聞いていないのか

わからない主将でさえ、フンフンと聞いていた。

非常にためになる話ではあったが、ワタクシがまた特別講義をお願いしても

どうも部員には伝わらんかなと思い、主将に後の話は任せた。

ということで、後日の話はお楽しみに(にやり)。

・・・・・

そんなことはさておき、ダイジョブ?について。

新チャンピオン誕生はすばらしいことである。

関係者の尽力は、計り知れないものであり、尊敬に値する。

が。

が、が。

が、が、が。

彼のチャンピオン獲得、のそのあとに、

日本ボクシング史上これ以上ない、偉大なる世界チャンピオン、

ちょっちゅカンムリワシのサウスポーの、伝説的防衛記録を流すTVショーってどうよ?

今獲得したばかりのチャンピオンを、わざわざ色あせさせる演出といわざるをえない。

まあ、新チャンピオンへの激励と、とれなくもないが、

今日くらいはその映像、やめておこうと思う選択肢はなかったのであろうか?

どうお思いでしょうか、トンキン放送(仮名)関係者の方々?

by かんとく

11.2.11. up